逮捕の相談は弁護士に

よく刑事ドラマなどで警察が被疑者の取り締まりを行うシーンがあり、正義感溢れる警察が机をバーンと叩き、自白を迫っているのを見かけることも多いです。被疑者を逮捕して身柄を拘束された場合、取り調べを受ける形になりますが、実際に取り調べは密室で行われます。

取り調べは警察によって逮捕後、48時間以内と決められており、その限られた時間内に警察が自白を迫る様に仕向ける可能性もあります。そのため取り締まり自体はタイトな感じとなるため、実際に厳しい尋問などを受ける場合も多いです。

そこで刑事事件で逮捕されたりすることは、一般の方にとっても稀なケースで一生無縁となる人も多いですが、運悪く遭遇してしまうこともあります。警察の態度は、逮捕されていた時点で容疑を認めているか、否認しているかのどちらかで雲泥の差で雰囲気が違っているのも事実です。

もし否認している場合は、何としても自白させることを目的とするため、激しい心理戦となることが予想されます。そのため身に覚えもなく、やってもいないことを思わず厳しい追及で認めてしまうこともあり、一度、認めてしまうと覆すことは不利になってしまいます。

刑事事件で逮捕されたりした場合には、逮捕後72時間は家族でも面会が出来ず、唯一面会できるのが弁護士だけとなります。特に何もやってもいないし、身に覚えもないのに逮捕されそうなら、刑事弁護士などの刑事事件に強い弁護士に相談することもポイントです。

また逮捕と同時に弁護士に来てもらうこともポイントとなり、その理由は弁護士が絡むというだけで取り調べを行う警察に対しても緊張感を与えることに繋がります。否認をしているとどうしても取り調べがきつくなり、取り調べは密室で行われるため、なかには人権を侵害する様なことが行われる可能性もあります。

こうしたことを被疑者が後に弁護士に告げられると警察も不利となるため、取り調べに対しても丁寧な形で進めていくことに繋がるメリットも存在します。

逮捕以外でも弁護士に相談すると良い場合があります

逮捕以外に日常で困ったことがある場合は、まずは信頼できる弁護士を探すことが先決です。

昨今は近所トラブルや痴漢冤罪などが問題、賃貸物件のトラブルなどが問題となっていますが、こうしたトラブルを法律問題に疎い本人が処理しようとしても相手方にやり込められてしまう場合があります。弁護士は法律の専門家ですから、様々な法律に当てはめ、日常で起きた困った問題を解決に導いてくれるのです。

とは言っても、信頼できる弁護士を見つけることは容易いことではありません。最近は無料の法律相談を行っている弁護士も多いですが、有料の法律相談であっても、殆どの事務所は30分5000円という安価で行っています。また、役所や弁護士会などが行っている無料法律相談会もあり、弁護士費用を気にせず弁護士に相談をすることが可能です。直接弁護士会法テラスに問い合わせるという方法もあります。

法テラスは経済的に余裕がないかたにとっては無料で相談もしくは弁護士に依頼できる可能性があるというのが最大のメリットになります。法テラスでは、紹介してもらうだけではなく、自ら法テラス登録弁護士を見つけることも可能です。複数の弁護士に相談するというのは、同じトラブルでも弁護士によって見る角度は異なりますし、日常で困ったことを解決してもらうにはまずは弁護士との信頼関係を築かなければなりません。弁護士は法律の専門家ですが、あくまでも依頼者の代理人であって、人と人との繋がりは簡単ではありません。本当に信頼出来る弁護士と出会うには、法律相談を利用して何人もの弁護士に相談するというのも一つの手になります。

信頼できる弁護士に相談をすることで、日常で困ったことなどもスムーズに解決することが可能になります。これは、お互いに信頼関係が築けた場合、各々の考えをスムーズに読み取る事が出来るからです。弁護士は自分の代理として相手方などと交渉するわけですから、信頼できる弁護士に出会えれば、自然と安心して事件を任せることが出来るのです。